トマト用の水中ポンプ交換

ハウスで水耕栽培始めて10年目。たくさんの機械類があるんだが、機械なんだから寿命がある。 タイトルのトマトの水やり用の水中ポンプ、うちには9台ある。最初に入っていた奴は鉄製だったので3年ぐらいでアウト。ステンレスボディで、インペラーが(スクリューみたいな奴。これで汲み上げる直接水に触れる部品)樹脂製の奴に交換したが既に6年目。 1箇所圧力が低めで、水量が少ないような気がしたので新品をヤフオクで購入。 右の川本のやつは当時3万ぐらいで買ったが、現在安いところを探しても3万6千円ぐらい。 左のテラダのやつがヤフオクで出品されていたので、2万で落札。メーカー的には川本がいいのだが、そんなに変わらないだろうということで、交換してみたところ、圧力の落ちた川本と同じぐらい。 なんじゃそれ!悪くなっていなかったのか、配管の問題か? 取りあえずまだまだ使えるということで・・・

先週は東京

タイトル通り、水曜から土曜日まで東京に行っていた。 水曜の夜がクラウドファンディングの勉強会&飲み会 トマトジュースのクラウドファンディングを手伝ってもらった瀬口さんとはFBで友だちになって、メッセンジャーでのやり取りはあったものの、お会いしたことはなかった。 タイミングよく、農協から、「トマトフェスタが今週あるので行きますか?」という話があったので、行く事に。 25日は養液栽培研究会の大会もあったので、24の夜、勉強会、25が養液栽培研究会、26,27がトマトフェスタ、という3泊4日のスケジュールとなった。 勉強会は新宿の外れにある会員制のバーを貸しきっての開催。宮崎から持ち込んだトマトをまず全員に食べてもらった。人数が多くて立ち飲みであったが、プレゼンする機会もいただき、濃い内容であった。熱気ムンムンで、全員と話したかったが、時間切れ。 写真は田嶋さんのFBより拝借(笑) 結構遅くまで話し込んでしまった・・・ 翌日は千葉大にて養液栽培研究会。病害虫の話、後最後の丸尾先生の育種による顧客の囲い込みと言うのはこれから目指すところと思った。 で、26,27日と新宿南口出てすぐのJA東京あぐりパークにて日本トマトフェスタ。来客数の割にはたくさん売れました。

夏に向けての準備

今頃になってようやく暖房機のダクトを片付けた。 ダクトとは、温風暖房機の風をハウス内にむらなく送って温度ムラをなるべく少なくするため、ハウス内に張り巡らせてある、ポリエチレン製の筒のことだ。 専用のダクトは日光の紫外線で劣化して、せいぜい3年しか持たないが、うちのはハウスの外張りに使っている、0.15mmのPOフィルムと呼ばれる、3層構造のごついフィルムを溶着して作ってもらった、スペシャル品だ。 10年目だが、なんともない。夏に片付けなくても良いのだが、大ダクトと呼ばれる写真の幹の部分のダクトは邪魔になるのと、置いてあるところが用水路側なので、地下を通じて微妙に湿気が上がってきて、苔が生えるので夏は片付ける。というか、すでに苔だらけだけど(笑) 繋いであるのはホッチキス!いろいろ試したがこれが一番。使ってないときにはペタッとなってじゃまにならない。普通はリング状の金具で連結するが、使わないときも立ち上がって邪魔なことこの上ない。 ようやく片付けてスッキリした。 暖房機の中のカスを掃除しないといけないのだが、それはまた今度

トマトジュースのクラウドファンディング終了まで後10日!

50万は高いハードルでしたが、予想を超えるご支援を頂き、現在のところ16万2500円まできました。 遠くはカナダからアクセスを頂き、感謝感激です。 こんな素晴らしい仕組みをつくれるテクノロジーに感動ですね。 最後の追い込みでぜひ目標額を達成したいです。 迷われている方はぜひご支援を!

トマトの生産、販売がピークに

5月はピークが終わったと思っていたが、ここ1周間の好天で色づきが早まって、第2,第3の山が一気に・・・ 今年はどの産地も同じような状況と思われ、再三言っているように販売状況が良くない。 契約先に無理言って今以上押しこむのも忍びないので、出荷できる直売所7軒に最大数、出荷することにした。 写真はいつもは行かない、スーパーの直売コーナー。どういう経緯でこうなったのか、去年から、とてもおしゃれなスペースになっている。ちょっとした什器と小物類だけなので、担当者レベルの話かもしれない。 1年ぶりに来たが、ポップを書く小さな黒板、それに書くポスターカラー、消すためのウエットティッシュもキッチリ管理されていた。 超下手くそな字だけど、何も書かないよりはマシということで書いてきました。 売れるといいなぁ・・・

大分のレタス圃場

この間、大分にトマトの仕事で行ってきたついでに、関東向けのレタスを作ってもらっているレタス工場にも行ってきた。 普通の人のイメージと違って、冬春はレタスにしろ、トマトにしろ、栽培する技術上の問題は少ない。ということは、病気や障害、害虫も出にくく、質、量共に安定している。 露地物のレタスも今年は天候も順調でどちらかと言うと供給過剰気味で単価も安く、販売環境としては悪い。そのために発注量も少なめで、足りない感じではないが、いまから夏にむけてサラダが売れ始めて、発注が増えた時にちゃんと出せるかどうかの確認だ。 今年が2年目で、去年、色々と失敗をしているので、そのあたりを潰したうえで、取れた数量にたいして最低、このぐらいは出してください、みたいな話である。 取り合いになったら人間の心理として、値段の高いところ、あるいは自分が良く思っている得意先、に優先して出したくなるので、泥臭いが、人間関係を築いておく、というのが一番の対策だ。 今のところ、生育は概ね順調であったが、少し気がかりなところもあるので、そこのところをしっかりケアしてください、夏はおねがいしますよ、みたいな感じで話としてはすんなり落ち着いた。

お手伝いしているトマト農場

今週前半は月曜役員会議からの大分出張と前半がハード。 4月に定植した、新規で始められたトマト農場。連休前にそれなりに順調に育っていた。 で、昨日見たところ、申し分ない出来。これなら間違いない。まずは一安心した。 ハウスが新築なので、フィルムの光線透過率が良くて、光がよく当たるのと、最近天気がいいのが効いているんだろう。 自分のところより調子が良くて、ちょっと羨ましいぐらい 苗も苗テラスという人口気象室で育てているのでバッチリ 屋根の上にも登ってみた。

アスパラの収穫が増えてきた

今日ようやくアスパラの収穫が20kgを突破。 ショボイ数値ですが、立茎開始して40日、ようやくまともな収穫量となりました。 春芽のピークが25kgぐらいだったので、夏芽は30kgぐらいコンスタントに出てくると黒字化しそう。 最悪でも600万ぐらいの売上にならないと完全に赤字になってしまう。逆に言うとそれ以上取れたら、ほぼ利益になるのだが。 午前中にPTA総会に行ったのでペースが乱れたが、直売所の配達、アスパラの出荷、肥料の原液の作成とこなして、ようやく今日の仕事が大体終わり。 今週は月曜日が役員会議、火曜、水曜と国東半島に行かないといけないので、今日休んでしまうと明日の仕事が回らない。 ジムにも行きたいが、木曜になるだろうなぁ。

今週は福岡に行ったり

トマトの収穫はやや落ち着いたものの、アスパラの収量がようやく20キロに近づいてきており、販売先をどうするかが課題になってきた。 週前半は葉面散布、直売所の配送、アスパラの出荷の段取りなど、地味な仕事が立て込んでおり、粛々と片付けるようなん感じ。 木曜から福岡に出張。 今回はひむか野菜光房の営業と同行したので、運転は楽ちん。ただ、出発が5:30と結構早かった。 久しぶりに得意先の部門会議での状況説明、新製品案内となり、売り場担当の妙齢の女性からの鋭い質問、改善要求などでちょっと疲れました。(笑) 夜はとあるオンラインサロンで知り合いになった方達と食事会。たまには開店していない寿司を頂きました。 翌日も2件ほど周り、宮崎に帰還。と、すごい雨でした。 いよいよ本格的にアスパラが出てきており、販売をどうしていくか、悩み中。現在のところ、市場単価が高騰しており、市場に出すのが一番儲かるのだが、7月に九州の産地が出てきた時に安くなるので、市場比率は上げたくないが、少し市場に出していくことにする。 去年買っただけでセッティングしていなかった、アスパラにテープ巻く機械を組み立てておいた。 土曜の夕方辺りから珍しく頭痛。風邪引いたかもしれん。 今日も結構やることがあるんだが、PTAの総会とかで、とりあえず行かないと。 西中洲の神社 中洲の橋の上から 今週もよく歩いた!

働き方について思うこと

昨日の朝、何気なくtwtterのタイムラインに流れてきた記事が腹落ちしたので、珍しくつぶやいてみた。 記事はイケハヤ氏のBLOGで、ツイートの通り、自分の時間を切り売りしているだけではいつまでたっても収入も増えないし、自己投資する時間も捻出できませんよ、という内容。 こういったことはみんなわかっているけど、誰かに指示してもらって使われている方が性に合っている、あるいはそういう教育だから、大多数の人はそういう働き方をしてるんじゃないでしょうか? 普通に学校教育を受けている限り、仕事を作り出すほうの訓練は全く受けれない。 むしろ、言われたことを、言われたようにするように「教育」されている。 なので、こういったことをいくら言われても素通りしてしまうとか、あるいは読まれもしないという状況じゃないだろうか? イケハヤ氏がリツイートしてくれたおかげで、珍しくいいねや、リツイートがそれなりにされた。 twtterは一人つぶやき状態なので珍しい状況である。 で、農業に当てはめると、その後つぶやいたこのとおり 農業は作物が育ってくれるのでそれをいかに効率よく生育させて、収穫するかが肝になる。 農業をしていない人がびっくりするぐらいの売上は上がるのだが、ツイートの通り、お世話をするための人件費、環境を整えるための設備の減価償却費が経営に重くのしかかる。 単位面積あたりの収穫量をいかに上げるかが経営の要である。 その点、IT系は初期投資が少ないので、経営的にはやりやすいだろうが、参入障壁が無いに等しいので、すぐにマネされる、サービスが陳腐化するのが早いので、常に開発スピードが求められる、というところ

ついにアスパラガスのシーズン到来

5月3日辺りから、アスパラガスの収穫量が日量で10kgを超えてきた。 立茎を開始したら量が激減するとは聞いていたが、5,6kgが1ヶ月も続くと、大丈夫かな?と不安になってくる。 このあいだ防除した時に、ふと水が足りてないんじゃないか?と思って、1日6回2分半だったのを8回3分に増やしてみた。ら、次の日が1k増し、その次の日は10kgオーバーということで、立茎が完了したなのかもしれないが、とにかく量が増えました! ようやく今まで出せていなかったところに電話かけまくって、注文を入れてもらい、出荷を始める段取りをした。 アスパラのいいところは販売の心配を余りしなくていいところ。 今年は1月から野菜相場の低迷が続いており、レタスもトマトも販売状況はあまり良くないので、急に出荷量を増やしてくれ、とか言っても絶対断られるところだが、アスパラはすんなり通った。 やはり本格的な収穫が始まるまで3年かかるというのが参入障壁になって、生産面積が増えないのが原因だろう。 昨年の夏の高温が原因なのか、九州産のアスパラは春芽(出始めの一番美味しいところ。生えてきたやつを全部収穫する時期)の量はどこも少なかったようだし。

連休後半は宮崎市内へ商談に

天気も悪く、できる作業も限られるのと、5月も予定が詰まってきたので、5日、6日と市場は営業日であるので、宮崎市内に商談に行くことに。 本当はどちらかの日にまとめてアポイントを取りたかったが、見事に5日16:00、6日9:00、11:00と割れてしまう。 帰ってきて、また行くのも大変なので宮崎に泊まることにした。 前から機会があれば食事に行きましょう!と言っていたデザイナーの河上さんと、生産、販売のデータ解析をしてもらっている生駒さんと会食をセッティングした。 生駒さんと河上さんは面識があるぐらいで、お互いをよく知らないとの事だったので、ちょうどいい機会となった。 おっさん3人で市内のフレンチ(ポチロン)、ワインバー、という、違和感ありまくりのコース。 あまり、接触のない別の世界の方との交流ができた。 最後は外れのバーで。巨大ハイボールで撃沈

昨日は都農町にアスパラの視察に

世間が休みということで、なんとなく休み気分。アスパラの収穫のパートさんが休みなので、シルバー人材のおばあちゃんに収穫をしてもらった。いつも日曜日に来てもらってる人なので、ますます気分は日曜日。 直売所の配達に行っても、里帰りしてきたと思われる方が多数。普段売れないようなものが売れている。米とか、宮崎農協果汁のジュースのケースとか。 で、昼からお隣の都農でほぼ同時期にアスパラを始めた方のハウスを見に行った。 というのが、2年目にしてはアスパラの出が悪い、樹が細い気がしたから。 お隣はどうなっているのか?と、やじうま気分。で、結果、都農の方もうちと同じような感じ。 なんだか安心したが、そういうことではいけない。帰りに都農の道の駅で15分だけ充電して帰る。 都農の道の駅も他府県ナンバーでいっぱいだった。 車が新しい時はこのあたりまでは無充電で帰れたんだが、6年目で少しバッテリがヘタってきた。 いまやあちこちに充電器があるので特に問題なし。

アスパラガス防除

昨日、今日とアスパラガスの防除作業をした。 今週は世間は連休ということで出張はなし。と言う事でずっと門川にいるのだが、月曜以外の祝日は従業員さんはなるべく午後休みにしている。と言う事で、収穫と最低限の管理作業しか出来ないので、防除とかは自分でやろうかと。アスパラの防除はエンジン動噴を使うんだが、これのホースが重い。かなりいい運動になる。 昨日は午後、今日は朝にした。今日朝にしたのは下手すると夕方から雨がふるかもしれないから。 これからの時期、汗まみれになるので、夕方にかけてそのまま風呂にはいるのが気持ちいい。 真夏になると、高温になる昼間は薬害と行って薬に焼けるし、人間が持たないので、夕方にかけるしか無い。 アスパラのハウスは一部水はけの悪いところがあって、長靴を履かないといけないんだが、歩きにくいし蒸れるのでなにかいい靴ないかな?と探していたらアマゾンで売っているレインシューズがいい感じなので頼んでみたら、本当にいい感じだった。値段も3000円ちょっと 見た目もスニーカーっぽくて違和感がない。雨の日の配達にも使えそう。

非科学的な行動

今日は5月1日。毎月1日になるとやっていること、それは水神様へのお参り(笑) 養液栽培という、農業の中でもかなり生物学的、論理的、化学的思考をもって、日々栽培しているが、これだけは創業当時からやっている。 農業というもの、水がないと始まらない。森とまとでは井戸水を使っているが、いくら現代の技術をもってしても、井戸だけは掘ってみないと良い水が出るかどうかはわからない。まさに神任せ。 日々、営農活動をしていても、生物学的、化学的には説明できないようなことも多々起こる。 また、過去のトラブルにおいても、たまたまそこにいた、とか、屋根から落ちそうになったが、片手が引っかかったとか、神がかり的に軽症で済んだことが多い。 また、毎年水害が出るが、致命的な被害どころか、軽い被害すら出ていない。 神は自分の心の中にいて、慢心しそうなとき、心が折れそうになった時に、努力をする人には手を差し伸べてくれるものだと思っている。 それを具現化したのが、祠であったり、神社、仏閣であると思っている。 人の心は弱いもの。諦めずに、最後まで戦い抜かないといけない。ルーティンになるような作業は嫌いだが、なるべく1日、行けない時でも4日ぐらいまでにはこの辺りの総本山と言われている、名もない祠に毎月通っている

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2017 by Masaya Mori. Proudly created with Wix.com