Please reload

最新記事

僕らのフルーツトマトを使った、トマトジュースのクラウドファンディング始めました!

April 15, 2017

1/1
Please reload

特集記事

農業で稼ぐのは難しくない その3 借金に負けない強いマインド

April 21, 2018

 少し間が開いたが、3回目。

 今回は少し抽象的な話。

 農業は「百姓」という言葉があるぐらい、いろいろな仕事をこなさなければならない。また、100人いれば100通りのやり方がある。

 それなので、師匠を一人決めたら、その人の完全コピーすることに、徹すること!

 いろいろな人に話を聞くと、それじゃだめだ、あの人はああいうけどね、みたいな感じで絶対うまくいかない。

 自分の色を出すのは、師匠を完コピできてから。

 

 いろいろな農業を見てきたが、基本的には農業は装置産業に近い。

 設備投資がかなり必要で、人件費もかかる。

 労力を投入してから、売り上げが上がり、入金があるまで早くて3か月、アスパラなんかだと2年ぐらいかかる。

 

 つまり、設備投資、運転資金を調達しないといけないということ。

 

 ほとんどの場合、金融機関からの借り入れをするだろう。

 

 農業で成功している人に共通する資質、それは

 

 

 ・借金に負けない強い心

 

 を持っているということ。

 

 もちろん、そのためには財務諸表を読めるとか、経営試算をして、収益が成り立つとか、そういう知識、手腕が必要。

 

 やみくもにイケイケというわけじゃない。というか、それだと金も借りれないけど。

 

 そういう武器があれば、借り入れの額を見ても、単純な恐怖を感じることはない。

 

 何の知識もなければ、単に借り入れの金額を見れば怖気づいて、「とても無理だ!」となってしまう。

 

 ざっくりとした話をしましょう。

 

 宮崎で施設栽培を30アールするとする。

 作物にもよるが、粗収入(売り上げ)で1000万から1600万ぐらい上がる。

 

 そこから減価償却、人件費、種苗代、資材費、その他諸々を引いた残りが手取りとなる。

 

 大体30%ら50%残るので、何とか生活はできるということだ。

 

 作物によって経費率が違うので、一概には言えないが、500万ぐらい残すためには、最低30アール程度の施設が必要ということになる。

 

 もちろん、僕がやっている養液のレタスは売り上げはもっと上がるが、設備費、経費率が極端に高い。

 

 そのあたりの話はまた次回以降で・・・

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索